日本でリトルリーグの活動が始まったのは、1955年(昭和30年)頃です。東京の近郊でわずか5~6リーグの規模でした。1959年(昭和34年)、米国人の飛行士であるMr.Bill Hatchが日本で初めて正式に国際登録された日本のリーグを組織しました。

それから5年後、アジアではじめてのオリンピック大会が東京で開催された記念すべき年、1964年(昭和39年)、日本リトルリーグ野球協会が発足しました。この年は、アメリカでリトルリーグが誕生してから25周年にあたるため、米国本部からの呼びかけもあって協会が設立されたわけです。

1970年(昭和45年)になるとそれまでリトルリーグをバックアップしてきた三井物産に加え、フジ・サンケイグループも応援することになり、全国的な組織として年々拡大していきました。

その後、さらに発展を期してリトルシニアの組織と合併し、2005年5月に文部科学省から「財団法人」の認可がおり、リトルリーグは協会の中のリトルリーグ委員会が運営管理を行っていました。そして、2011年にはリトルシニアと別れて公益財団法人を目指して一般財団法人日本リトルリーグ野球協会を設立、内閣府に公益認定を申請して2012年4月1日付けで認定されました。

また、リトルリーグの世界選手権で日本は1962年(昭和37年)から参加し、67年(同42年)に西東京リーグが初めて世界一になるなど注目を集め、その実力と運営が高く評価されて、それまではアジア太平洋大会(旧極東大会)で優勝しなければ出場できなかった世界選手権に2007年(平成19年)から全日本王者が直接、世界大会に出場できることになりました。

2017年の東京北砂(東京連盟)を含め、日本はこれまで11回、世界一になっています(下記表参照)。

世界選手権日本代表歴代優勝

回数優勝リーグ連 盟
11967西東京東 京
268和歌山関 西
376調 布東 京
499枚 方関 西
52001東京北砂東 京
63武蔵府中東 京
710江戸川南東 京
812東京北砂東 京
913武蔵府中東 京
1015東京北砂東 京
1117東京北砂東 京