リトルリーグ世界選手権大会

(2021年8月17日~29日、米ペンシルベニア州ウィリアムスポート)

新型コロナ感染拡大のため、米国国内のみの開催。

16リーグが参加して行われた大会は優勝決定戦(8月29日)でミシガン州代表(テイラーノースリーグ)が5-2でオハイオ州代表(ウエストサイドリーグ)を下して、同州代表としては1959年以来62年ぶりの優勝を飾った。

大会は16リーグを8リーグづつ2つのブロックに分け、ダブルイリミネーション方式(2度負けたら敗退)の変則トーナメントで行われ、ミシガン州、オハイオ州がそれぞれのブロックを制した。

詳細は国際本部特設サイト、以下URL
https://www.littleleague.org/world-series/2021/llbws/tournaments/world-series/

リトルリーグ世界選手権 成績

優勝決定戦(Chanpionship)

オハイオ州(ウエストリバー) 0 1 0 0 0 1 2
ミシガン州(テイラーノース) 3 0 0 0 2 X 5
(オ)ラザフォード、ハーデン-デヴィットソン 
(ミ)ファンベレ、ユーリン-トーニング