Q.打撃妨害なのに犠牲フライになったら…

 打撃妨害(インターフェア)ガあったら、打者に一塁が与えられるのはご存じだと思います(公認野球規則6・08[C])。たとえば、振ろうとしたバットに捕手のミットが触れてしまった場合などが代表的ですね。では、ここで問題。無死三塁で、打者はレフトフライを打ち、三塁ランナーはタッチアップからホームを踏みましたが、その前に打撃妨害がありました。守備側は、「打撃妨害があったのだから、打者が一塁に進んで、無死一、三塁から再開ではないですか」この言い分も、もっともに聞こえますね。ただ、反則をしたほうが結果的に得をする……というのも、なにかヘン。さて、ホームを踏んだ走者は、三塁に戻らなくてはいけないのでしょうか。

 リトルリーグ野球規則6・08には、“四球”の宣告があったときなど、打者が安全に一塁を与えられる条項が並んでいます。その(C)によると、「捕手または野手が打者を妨害したが、妨害行為の後のプレイが続いて行われた場合、攻撃側の監督は妨害ペナルティを辞退し続行プレイを受け入れることを主審に申し入れできる。この申し入れは、続行プレイの直後に行なわれなければならない」。

A.攻撃側に選択権があります

 いわゆる、選択権です。妨害後にプレーが続いた場合、不利益を受けた側に選択権がある。アウトひとつ失っても1点を取るか、打撃妨害で無死一、三塁とし、大量点を狙うかは、ベンチの判断ひとつなんです。たとえば終盤まで投手戦なら前者を、大量にリードされていたら後者を選択するでしょう。不利益を受けた側が選択するのが公平、という考え。ラグビーでいえば、レフェリーがアドバンテージを見ている状態でしょうか。攻めているチームが反則を受けると、ペナルティを保留し、一段落するまでプレーを続けますよね。もっとも、6・08(C)には続きがあって、

 「但し打者が、安打、失策、四球、死球、その他により一塁に達していて、更に他のすべての走者が少なくとも一個の進塁を果たしているときは、妨害行為に関係なく競技は進行するものとする」。

 つまり、打撃妨害があったにもかかわらず、打者を含む全走者が進塁した場合には、プレーはそのまま続けられるわけ。昨年4月のセ・リーグで、このプレーがありました。横浜−阪神の8回表、無死一、三塁から阪神の赤星選手がレフト前にヒット。その前に、相川捕手のミットが赤星選手のバットに触れていました。本来なら打撃妨害ですが、塁上の走者が一個ずつ塁を進んでいるので、そのまま続行されました。妨害による不利益が、走者の進塁で清算されたと考えればいいでしょう。ラグビーの例でいえば、反則を受けながらもトライを決めれば、トライが認められますよね。

 ただしこの場合、一塁走者が三塁を狙ってアウトになったら、それは自己責任です。一個塁を進んだ、つまり二塁に達した時点で、打撃妨害は帳消しになっていますから。またかりに、タッチアップした走者がアウトになったのなら、無条件で打撃妨害が適用されます。一個の塁を進んでいませんものね。ちなみにこの理屈は、ボークの投球を打ったときと同じ。離塁のないリトルリーグでは、ボークはあまり見かけませんが、それでもこんな例ならありえます。「故意の四球を投げているとき、投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球した場合」(8・05[k])はボークですが、その投球を「打者が安打、失策、四球、死球その他で一塁に達し、且つ他の走者が少なくとも一個の塁を進んだ場合」は、ボークに関係なくプレーは続けられるのです。そういえばプロ野球ではかつて、ボークの投球をホームランした例もありました。打者は打ち得です。アウトになるリスクはほとんどないんですから。

 打撃妨害がありながら打者が打ったら……攻撃側としては、とりあえずひとつ先の塁まで全力疾走すること(ただし暴走は禁物)。守備側は気を抜かず、走者が、ふたつ目の塁を欲張る“もしも”に備えるしかありません。



Copyright (C) JAPAN LITTLE LEAGUE. All Rights Reserved.