小フライを、あえてワンバウンドで処理したら故意落球?

 無死一、二塁で打者がバントしました。打球は一塁手前への小飛球となり、二塁手はあえてこれにふれずにゴロとして処理。ボールを三塁へ送り、二塁へと転送されました。これは、併殺となるのでしょうか? ……前回の宿題ですね。まずはリトルリーグ競技規則2の、インフィールドフライの定義を見てみます。「無死または一死で、走者が一、二塁、または一、二、三塁にいるとき、内野手が容易に捕球できるフェア飛球(ライナーまたはバントの結果の飛球を除く)をいう」とあります。さらに故意落球のルールでは、6・05(l)では「無死または一死で走者が二塁。一、二塁。一、三塁。または満塁のとき、内野手がフェア飛球またはライナーを故意に落とした場合 (は打者アウト)。ボールデッドとなり、各走者は元の塁に戻るものとする」とされています(ただし、インフィールドフライの規則が適用されるときは除く)。

 いずれも、走者を進塁させなくてはいけない状態にして、併殺を狙う守備側の作戦をはばむもので、インフィールドフライの定義によると「走者の利益」を守るためのルールです。ですがその定義では、バントの結果によるフライは除かれますね。攻撃側が選択した作戦の失敗までは、保護しないというわけです。ですから、問題のケースは併殺が成立するのです。

 では、一死二塁で二塁に小フライが上がり、二塁手が捕球寸前に1歩下がり、ショートバウンドで処理したらどうでしょうか。ここで問題になるのは、“故意”の解釈。6・05(l)には、公認裁定が付記されています。「この場合、内野手が打球に触れないで地上に落としたときは、打者はアウトにならない」。わかりにくいですか? では、公認野球規則から付け加えましょう。同じ項には【注1】があって、「本項は、容易に捕球できるはずの飛球または直球を、内野手が地面に触れる前に片手または両手で現実にボールに触れて、故意に落とした場合に適用される」となっています。

A.頭脳的な好プレーです

 どういうことか。このケースでは、かりに併殺を狙う意図のある“故意”でも、ショートバウンドで処理すれば故意落球とは見なされないのです。塁が詰まっているときには、そもそも併殺のリスクが高いのですから、小フライだけ例外としてはバランスがとれませんね。そして故意落球は、「片手または両手で現実にボールに触れ」た場合、つまり手またはグラブに当てて落とした場合に限られるので、ショートバウンドはもちろん、たとえば小フライを胸に当てて落としても故意落球とはならないのです。バントの飛球をわざと捕らないのも(ただし、故意落球のルールではバントを除外していないので、グラブや手に当ててはタメ)、小フライをショートバウンドで捕球するのも、立派な頭脳プレーです。とっさに機転をきかせれば、一死一塁が二死走者なしにもなるわけです。

Q.二死二塁から打者Aが四球を選びましたが、そのタマで盗塁を企てた走者がアウトになりました。次の回の攻撃はAから? それともAの次打者から?(神奈川県 Y・M)

A.素朴な疑問ですね。ふつうに考えれば次の打者からですが、Aが二塁に達していないことがひっかかるのでしょうか。リトルリーグ競技規則6・04には、「打者はアウトになるか、または走者になったときに正式に打席を終了する」とあります。また6・08(a)によると、審判員が四球を宣告すれば、打者は走者となるとされています。四球を宣告する、というのは現実には、4つのボールを得ることですから、ご質問のAは4ボール目で正式に打席を終了し、走者となっているんです。

 四球というのは、アウトにされるおそれなく、安全に一塁が与えられるものです。ただ、安全進塁権を得たとはいえ、ボールインプレーですから、一塁に達する前に3アウトが成立すればチェンジですね。そして、四球を得た時点で打席は成立してい るのですから、次のイニングは次打者からとなるのです。



Copyright (C) JAPAN LITTLE LEAGUE. All Rights Reserved.