飛んできたバットに守備が妨害されたら?

  質問に答える前に、これに関連して、打球がバットに当たったケースについてお話ししましょう。リトルリーグ競技規則6・05(h)には、こうあります。「打者が打つか、バントしたフェアボールが、フェア地域内で打者の保持しているバットに再び当たった場合(は守備妨害で打者アウト) 」。たとえばバントしてはずんだ打球に、持っているバットが触れてしまったら、故意かどうかを問わずにアウト、というわけです。このときはボールデッドとなり、走者がいても進塁は許されません。

 これが、「保持して」 いない、つまり落としたバットに打球が当たったときには、「審判が打球の進路に対する意図的な妨害は無かったと判断すれば、ボールは生きてインフレイとなる」と、処置が異なります。では、質問のケースはどうでしょう。バッターが三塁ゴロを打ちましたが、すっぽ抜けたバットが三塁手の前へ。これをよけようとした三塁手の送球が遅れ、打者走者かセーフになったとします。さて、判定は?

 「わざとバットを放り投げたんじゃなければ、そのままじゃないですか? プロ野球を見ていると、折れたバットをよけながらフレーしているし……」

 リトルリーグ競技規則では省かれていますが、公認野球規則の6・05(h)の【原注】には、そのものズパリの答えがあります。「バット全体がフェア地域に飛んでプレイを企てている野手(打球を処理しようとしている野手だけでなく、送球を受けようとしている野手も含む)を妨害したときには、故意であったか否かの区別なく、妨害が宣告される」。つまり、バットがまったくプレーに影響のないほうへ飛んだら別ですが、プレーしようとしている野手に影響したと見なされれば、故意じゃなくてもアウト、ということですね。

A.故意じゃなくても、守備妨害が成立します

 金属バットではまずありませんが、確かに折れたバットが野手のプレーを妨げるケースもありますね。これは、同じ【原注】前段に、答えがあります。「バットの折れた部分がフェア地域に飛び、これに打球が当たったとき、またはバットの折れた部分が走者または野手に当たったときは、プレイはそのまま続けられ、妨害は宣告されない」。折れたバットを避けようとして送球が遅れても、それはインプレーであり、守備側のアンラッキーでしかないんです。

 野手方向にバットが飛んでしまうのは、もちろん故意にそうしたのではなくても、悪意に解釈すれば故意にそうすることもできますね。そこで守備優先の原則通り、故意か否かにかかわらずアウトとしたのではないでしょうか。一方、打者がバットを意図的に折り、しかも野手を妨げる方向に折れた部分を飛ばす、などという芸当は、どんな名選手でも不可能です。そこで、折れたバットが飛ぶのはあくまで偶然の結果ということで、インプレーにしていると思われます。

Q.ヒットを打った打者の打順間違いに気づいたらどうすればいいですか。(福島県K・N)

A.守備側が、次の打者に投球する前にアピールすればヒットは取り消され、アウトとなります。ただし、1球でも投げてしまうと、ヒットが認められてしまうので注意。リトルリーグ競技規則6・07は、打順の誤りがあった場合の処置ですが、簡単にまとめておきましょう。ABCと続く打順で、本来Aの打順なのにBが打席に入リヒットを打った場合、アピールによってアウトになるのは本来の打者であるA。そして次の打者は、本来正しい打順であるBが、ふたたび立ちます。アピールがBの打席の途中であれば、その時点のカウントを受け継いでAが打席に立ちます。また、アピールが行われない場合はBの誤りが正当化され、続いてCが打席に入ることになります。ちょっとややこしいですが、実戦でも起こりがちなことなので、この6・07をよく読んでおいてください。



Copyright (C) JAPAN LITTLE LEAGUE. All Rights Reserved.