Q.ファウルで3バント失敗。タッチされたランナーはどうなるの?

 一死走者三塁です。リトルリーグでは、投球が打者に達するまで走者は塁を離れられません。しかし、どうしても1点がほしければ、パットに当たった瞬間に走者がスタートを切るスクイズもありえますね。このとき、カウント2−1からバントしようとしたらバットにかすり、これをキャッチャーがはじいて前に転がりました。捕手はボールを拾うと、必死に走ってきた走者にタッチ。このときは、併殺になるのでしょうか。それとも……。「3バント失敗で三振、しかも走者にタッチしたんだから、ダブルプレーでしょう?」

 う〜ん、これがもし、バントを空振りしての三振ならその通りですね。打ちにいって空振りしたのと同じことで、ボールインプレーです。ところが、ファウルによる3バント失敗だと、どうなるのでしょう。打者のアウトは、まず問題ありません。リトルリーグ競技規則6・05(d)には「第2ストライク後、バントしてファウルボールになった場合(は打者アウト)」と明記されています。

A.ボールデットですので塁に戻ります。

 ところが、ファウルで3バント失敗したからって、必ず三振になるわけではありません。ファウルでも小フライになった場合、もし走者が飛び出していたら、野手はそれを刺そうと捕球することもあるでしょう。たとえば、一塁手が捕球すれば、記録上は一塁ファウルフライが優先になりますね。ですから、3バント失敗が、そのまま三振とは限らないわけです。

 では、5・09を見てください。ここには、ボールデッドになる条項が並ベられていますが、そのうちの(e)では「ファウルボールが捕球されなかった場合は、各走者は元の塁へ戻る」とされています。バットに当たつた3バントが、フライとして捕球されずにファウルになった時点で、この5・09(e)が適用されるんです。つまり、記録上は三振でもボールデッドが優先されますから、走者はアウトとはならず、三塁に戻すのが正解です。一瞬のプレー、しかも3バントという状況なので誤解しがちですが、ファウルになったらランナーは戻るのは、ごく当然のことですね。

 しかしスクイズというケースでは、2ストライクからかどうかを問わず、パットに当てるか空振りかで結果が大違いとなります。もしスクイズのサインが出たら、飛びついてでもバットに当てるくらいの執念を持ってください。

Q.日本シリーズ第1戦で、谷繁選手(中日)の捕手前の打球をめぐってトラブルがありましたが、守備妨害にはならないのですか。(神奈川 M・Y)

A.指導者の方からの質問。簡単にそのシーンを振り返ります。一死一塁から、谷繁選手の詰まった打球を西武・野田捕手が拾う。しかし、谷繁へのタッチは届かず、ボールは二塁、一塁と転送されて併殺、と見えました。49分間も中断した理由は別にあるのですが、まずはご質問の谷繁選手のプレーについてお答えしましょう。打者走者と、打球を処理しようとする捕手が交錯するのは、野球ではよくあるプレーですね。ルールは本来、守備優先に成立していますが、この本塁付近のフレーについては例外なのです。

 公認野球規則7・09(l)の原注を見てみましょう。「捕手が打球を処理しようとするときに、捕手と一塁へ向かう打者走者とが接触した場合は、守備妨害も走塁妨害もなかったものとみなされて、何も宣告されない(後略)」。つまり本塁付近では、打者と捕手の不可抗力による接触がおこりかねませんので、どちらも五分の条件にしましょう、というわけ。したがって、守備妨害にはならないのです。ちなみに問題のシーンは、空タッチなのにアウトを宣告した球審、そしてフォースプレーじゃないのにアウトを宣告した二塁塁審の不手際が重なりましたが、谷繁選手も「アウトを宣告されたので、最初は守備妨害かと思った」と、ルールの理解が十分じゃなかったようです。



Copyright (C) JAPAN LITTLE LEAGUE. All Rights Reserved.