Q.塁線上を走れば走者が優先?

 この夏の高校野球では、打者走者が守備妨害を取られるケースをたびたび見かけました。その多くは、スリーフット・ラインと平行したファウルラインの内側を走り、野手の送球を妨げた、と見なされたもののようです。

 この連載第9回で、触れていますが、おさらいの意味でもう一度、スリーフット・ラインについて凱明しておきます。リトルリーグ競技規則の7・09(k)を見てみましょう。

 「打球が一塁へ向けて処理されている時、打者走者が本塁から一塁へ到る距離の後半で、スリーフット・ラインの外側(右側)、またはファウルラインの内側(左側)を走り、野手の一塁への送球または打球の処理を妨害したと審判員が判断した場合」は打者または走者による妨害となり、走者はアウトで、ボールデツドとなるのです。ちなみにこの場合、スリーフット・ライン側は右足、ファウルライン側は左足がライン上ならOKです。

A.基本的には、守備が優先です

 善意に解釈すれば、はみ出して走るのは故意ではないこともありえます。ですが、走者の走路には幅があるのに、そこから出てしまったら、守備を妨害する意思があった、と見なされても文句はいえませんね。この連載でたびたびくり返してきたことですが、野球のルールは基本的には守備が優先になっているのです。

 高校野球ではどうも日常的に、ルールすれすれのプレーをしているフシがあります。ほかにも目立ったのが、内角ぎりぎりのボールをよけたふりをして、巧妙に死球を得ようとするシーン。多くは審判が、「よけていない」と毅然たる対応をしていたようですが、リトルリーガーのみなさんは、そうしたずるいフレーはお手本にしないように。なにより危険ですから、指導者の方々にも徹底してほしいところです。

 では、次の例はどうでしょう。二塁線上でゴロをつかもうとした二塁手が、一塁から走ってきた走者とぶつかって捕球できませんでした。審判は、守備妨害で走者アウトを宣告します。走者の故意とは見えず、流れのなかでのプレー。7・08(a)(1)には「走者が野手の触球を避けるため二塁間を結ぶ直線から3フィート(91センチ)以上離れて走った場合(は走者アウト)」とありますから、裏を返せば一、二塁を結ぶ線を中心とした左右6フィートが走者の走路ということになる。ではこの範囲内なら、走者が優先なのでしょうか。

 いえ、やはり守備が優先です。7・08(a)(1)は「但し打球を処理中の野手の妨げとなることを防ぐ場合を除く」と続きます。これは、打球を処理している野手を避けるためなら、走路を外れても3フィート以上離れるべきだと解釈できます。7・08(b)には「走者が故意に送球を妨げるか、または打球を処理しようとしている野手を妨げた場合(は走者アウト)」とありますが、走路上は例外、とはどこにも書いてありません。つまり、どこを走っても守備を妨げたらアウトなのです。走者の走るコースは、打球を処理するための野手の動きよりも自由度があるためでしょう。

 ただし、こんな例もありました。やはり夏の高校野球の決勝戦。一死満塁から、打者が放ったショート右への痛烈な当たりが、二塁走者の足に当たってしまった。処置は、二塁走者がアウトで打者に内野安打がつき、二死満塁で試合再開です(公認野球規則7・08[f]参照)。走者に当たっていなければ併殺も可能な当たりでしたから、守備側にとってはややツキがなかった。ただしこのケースでは、走者が故意に打球に当たったと判断されると、併殺とされます。



Copyright (C) JAPAN LITTLE LEAGUE. All Rights Reserved.