ホーム>国際本部>50-70パイロットプログラム

リトルリーグ・インターナショナルのスプリング・ミーティングで新役員と新部門の開設を決定

2012年5月8日
広報部
ペンシルベニア州南ウィリアムスポート

世界中のボランティア地区責任者によってオンラインで実施された投票の結果、リトルリーグ・インターナショナル理事会は、土曜日にリトルリーグ野球の新しい部門を創設するための議案を承認しました。投票はカリフォルニア州サンバーナディノのリトルリーグ西部地区本部で開催されていた、年に一度のスプリング・ミーティングで行われました。

地区責任者(DA)による投票の詳細とインターナショナル理事会の議決、および他のいくつかの議題項目に関するインターナショナル理事会とインターナショナル・トーナメント委員会による議決内容は別紙に示します。

2013年のレギュラーシーズンに向けて、11〜13歳選手を対象(協会注)とし、50フィートの投球間隔と70フィートの塁間を特徴とする新しい野球部門を開設します。それにはワールドシリーズを含むポストシーズントーナメントも含まれます。

(協会注)
11、12歳選手は、メジャー部門への参加も可能です。ただし、トーナメント・チームに関しては、メジャー部門、50-70部門の両部門へ同時に参加することはできません。

新しい野球部門は、現在の「リトルリーグ」サイズグランド(46フィートの投球距離、60フィートの塁間)と、60.5フィートの投球距離と90フィートの塁間を持つ標準の野球グランドの間の移行部門として機能するものです。

これは、ジュニアリーグ・ソフトボールがリトルリーグの国際トーナメントの一部として12の現行部門のリストに追加された1999年以来の新しい部門開設になります。リトルリーグ野球とソフトボールは4〜18歳の250万人以上の少年と少女が80の国でプレーしています。

リトルリーグ・インターナショナルは、今、新しい部門にかかわるレギュラーシーズンとトーナメントプレーのための規則を準備しています。2013年8月に実施される最初のワールドシリーズのための開催場所を含むこの新しい部門に関する詳しい情報は数カ月以内に発表されます。

パトリック・ウィルソン(執行担当副会長兼プログラム開発担当副会長)は次のように述べています。『過去2年間のシーズンで50-70パイロットプログラムに参加していただいたリーグと地区のボランティアの皆さまに感謝します。参加者からいただいたご意見は新しい部門を作るのにおいて非常に貴重なものでした。この新しいオプション(部門)を世界中のリーグに提供できることは我々の喜びです。』

新しい部門の創設、およびその部門に対応した年齢は、世界中の様々な場所で数カ月の間実施された一連の会議における議題の中のひとつでした。会議の前にあらかじめ各リーグに議題を提供しておりましたので、ボランティアの皆さんは変更に関する意見を各地区責任者へ伝えることができたはずです。その後地区責任者は、4月の国際理事会、またはリトルリーグの国際トーナメント委員会における個々の議案に関する判断をオンラインで投票しました。

全体の67.54%にあたる合計231名の地区責任者が、新しい部門を創設に賛成の投票を行いました。全体の32.46%にあたる111名の地区責任者は反対の投票を行っています。

規定や規則の変更にかかわる議案では、それが国際理事会によって自動的に採用されるためには少なくとも66.7%の票を得る必要があります。理事会は土曜日にサンバーナディノにおいて、他の必要票を得た議案とともに、投票結果を満場一致で正式に承認しました。

国際トーナメント規定については、地区責任者による投票の50%以上を得た場合、その議案は国際トーナメント委員会によって自動的に採用されます。

ウィルソン氏は次のように述べています。『これは、リトルリーグにおいて地方のボランティアが意志決定プロセスにかかわるためのただ1つの方法です。私たちの組織は非常に大きいうえに、リトルリーグは世界中の6つの大陸で何百万人もの子供によってプレーされています。私たちは地方レベルから伝えられるご意見の重要性を認識しています。』

そのミーティングでは、国際理事会の3人の新しいメンバーが正式に選出されました。カナダ・アルバータ州カルガリのダーリーン・マクラフリン、ジョージア州ピーチツリー市のリンダ・ノース、そして、スウェーデン・シェーブデのクリスチャン・パルビアの各氏です。各氏はそれぞれ、カナダ地区、米国東南部地区、ヨーロッパ・中東・アフリカ地区で指名され、今秋から3年の期間、理事として活動します。