ホーム>大会と行事>インターミディエット大会

インターミディエット大会

>> ・JA共済杯第6回インターミディエット全日本リトルリーグ野球選手権大会
アジア太平洋中東選手権大会
JA共済杯第5回インターミディエット全日本リトルリーグ野球選手権大会
リトルリーグ第4回インテーミディエットアジア太平洋選手権大会
JA共済杯第4回インターミディエット全日本リトルリーグ野球選手権大会
リトルリーグ第3回インターミディエットアジア太平洋選手権大会
第3回リトルリーグ野球 インターミディエット全日本選手権大会
2014年リトルリーグアジア太平洋選手権大会
2014年第2回全日本選手権大会
2013年第1回世界選手権大会
2013年アジア・太平洋・中東選手権大会
2013年第1回全日本選手権大会



2019年アジア太平洋中東選手権大会
(6月22日~28日、韓国・華城市)


日韓戦、試合前の整列日本は韓国にコールド負けだった

日本代表(松本連合リーグ)は決勝で韓国と対戦したが、12-0で五回コールド負けした。日本はノーヒットノーランだった。

これで、日本は6年連続決勝で韓国に敗退。韓国は世界大会(7月28日から米国カリフォルニア州)に出場する。


[日本の全成績]

<グループB>
▼第1戦(22日)

日 本 7-0 パキスタン
 (日本の不戦勝)

▼第2戦(23日)  
日 本 11
フィリピン

(日)野本、忠地頼、宮下、遠藤-
中沢、丸山、中沢
[評]二回に5安打を集中させて4点を奪ったが、 相手の変則的な投球への対応に苦しみ、いつもの 打撃が発揮できなかった。五回までノーヒットノ ーランのペースで進んだが、六回に下位打線の3 連続バントでかきまわされ3点を失った。

▼第3戦(25日)                  
サイパン
日 本6x 18

(日)漆戸、志水、金子、忠地拓、北澤-中沢
[評]初回に2番・忠地頼のタイムリー2塁打 で先制し、四球、失策などと2安打を絡めて一 挙5得点。その後も毎回得点でコールド勝ちした。

▼トーナメント準決勝                              
日 本
香 港
(日)金子、漆戸、野本、忠地頼-中沢
[評]日本は5安打だったが、効率的に 点を入れた。二回に一塁への悪送球から 三進し、左翼犠打で1点。三回は二死から 3連打で追加点を挙げた。
 四回に無死1,2塁のピンチを迎えたが 相手の走塁ミスやスクイズの失敗で併殺など で切り抜け、完封勝利した。

▼決勝                        
韓 国12
日 本
(韓)H・パク、ベク、カク-S・リ
(日)野本、忠地頼、漆戸-金子、中沢
[評]エースの野本を先発させた日本は二回 に連打と3失策などで4点を失い、四回 には左翼前安打を後逸して本塁打となっ て2点、さらに左中間越えの2ランホーマ ーを許してしまった。
韓国の先発、H・パクは176㌢の長身 から投げ下ろす速球は力強く、続く2投 手にも日本は歯が立たず、結局、無安打 無得点でゲームセットとなってしまった。


JA共済杯第7回インターミディエット
全日本リトルリーグ野球選手権大会

(5月11日~12日、大阪・寝屋川公園第一球場他)


主  催 公益財団法人 日本リトルリーグ野球協会
主  管 リトルリーグ関西連盟
後  援 三井物産、産経新聞、サンケイスポーツ
フジテレビジョン、大阪府、同府教育委員会、大阪市、同市教育委員会
特別協賛 JA共済
協賛 すかいらーく
協  力 ミズノ(株)、ぺんてる(株)、日本航空(株)、日新航空サー ビス (株)共同写真企画

7連盟から9リーグが参加。初出場の信越連盟・松本連合(松本東・波田・松本南リーグ)が、決勝で関東4連盟代表・稲城 (東京連盟)を激闘の末に下して優勝した。日本一となった松本連合は、日本代表としてアジア太平洋選手権(6月22日から韓 国・華城市)に出場する。


初の日本一になった松本連合は全員でVサイン決勝戦で松本連合は五回に4点を奪って逆転




IM全日本大会成績

<予選リーグ>

▼Aブロック

宇都宮(北関東)
0
0
0
3
0
0
松本連合(信越)
2
3
0
0
2
6x
13

大阪南・大阪シティ連合(関西1)
0
0
3
0
0
1
0
宇都宮
2
0
0
2
2
0
X

大阪南・大阪シティ連合
3
2
0
3
0
0
1
松本連合
1
3
0
1
0
3
2x
10

▼Bブロック

大和高田(関西2)
3
0
6
0
2
1
0
12
逗子・旭・横須賀中央(神奈川)
3
1
0
0
1
0
0

逗子・旭・横須賀中央
2
0
2
0
0
0
3
稲 城(関東4)
2
0
2
1
4
4
X
13

大和高田
0
3
1
0
2
0
0
稲 城
1
0
0
0
3
1
1
        

▼Cブロック

仙台東・仙台広瀬連合(東北)
2
1
0
0
5
0
3
11
松戸柏(東関東)
0
0
0
4
5
0
0

町田(東京)
1
3
0
0
0
0
0
松戸柏
0
1
1
2
1
0
X

町田
0
1
1
1
0
仙台東・仙台広瀬連合
2
0
0
10
1x
13
        

<決勝トーナメント>

▼準決勝

大和高田
0
0
0
1
2
0
0
松本連合
2
1
2
1
1
0
X
(大)上田、神谷-米谷
(松)忠地拓、丸山-中沢

稲 城
1
0
0
0
0
1
3
仙台東・仙台広瀬連合
3
0
0
0
0
0
0
(稲)川又-奈良
(仙)亀谷、小林-藤澤、八角
▽本塁打=佐藤(仙)

◆決勝

松本連合
1
0
0
0
4
0
0
稲 城
0
0
2
0
0
1
0
(松)金子、志水、宮下、山本-中沢
(稲)山田、加が、山田-明石



インターミディエット全日本選手権成績


優勝準優勝
12013泉佐野ひたちなか
22014泉佐野昭島
32015宮城利府貝塚
42016貝塚九十九里
52017昭島九十九里
62018泉佐野多摩連合
62019松本連合稲城